NEWS

2014.03.20

職人発想

  • 社名 職人発想
  • 名前 嶋田俊夫
  • URL http://masteridea.kyoto.jp
  • 専門/免許 ISO31000、ISO22301
  • 仕事道具 Macbook Pro
  • 趣味/関心 映画・ドラマ・映像を見る、ウォーキング、寺社仏閣のツアー
  • 自分を表す 忍

キーワードは職人

御社はどのような会社ですか?

IT専門の部署やチームを持てない中小企業などの法人に向けたリスクマネジメントです。日頃の業務のトラブルに対する対応方法ををお伝えしています。たとえば、何らかの原因で実店舗が営業出来なくなっても、ネットショップが立ち上がっていれば、代替チャネルになる。中小企業は一度仕事が止まってしまうと会社が回らなくなる。だから、何が起こっても業務を止めないようにする。そのため、一部をバックアップとしてクラウドに代替させたりします。クラウドに置くことでリスクを回避していこうという考えです。問題が発生しない対策も必要ですが、問題が起こらないことはないという前提で、発生した際の対策も重要だと考えています。

どのようなきかっけで創業されたのですか?

リスクマネジメント協会から声がかかり、何かの役に立つだろうと資格取得したことがきっかけで、ソーシャルメディアとクラウドに絞ったリスクマネジメントを専門にはじめました。2007年に独立するまでは、製造業で国際規格をクリアできるような商品テストや、協力会社で仕事をしていました。その後、百貨店で働いたあと、実家の家業である和紙の小売を12年ほど手伝っていました。独立後は、オーダーを受けてパソコンの組み立てをしていましたが、Twitterなどソーシャルメディアに触れるうち、また、既成パソコンの単価が下がってきたため、それを使う側であるソフトウェアを扱うビジネスに転換しました。もともと職人気質なところがあったことから、それを名前に入れました。「職人発想」以外にも「職人空間」「職人小町」など仕事ごとに名前やサイトを使い分けています。漢字だと目立つでしょ。でしょ。カタカナよりも漢字が良かった。ソーシャルメディアリスクマネジメントアドバイザーだと良く分からない。

今後は?

ネットワークを広げたいと考えています。また、士業家の方と連携したり、海外への進出も出来ればと思っています。今後、ソーシャルメディアは、インフラ整備がされる地域でリスクマネジメントが必要だと考えています。リスクマネジメントは国ごとの文化・風習によっても違いがありますが、ひとつひとつ解決していければと良いと思います。また、合わせて地域情報を動画で海外に向けて発信する事業を伸ばしたいと思っています。メイドインジャパンを発信できればと思います。

それ以外のお仕事はどのようなものですか?

地域情報の動画発信をしています。これまで地域情報は写真では多くありましたが、動画の良さを活かしたいと思っています。また、地域が元気になれば自分も元気になれるので続けています。動画を見た方が次の依頼をしてくれています。私が撮影をするというよりは、依頼をくれた方が自分たちで出来るよう、やり方や導線づくりのアドバイスに徹しています。本当に流したい情報を持っているのは依頼をくれた方だからです。地域情報は日々刻々と変化しているので、常に発信し続けることができると思っています。また、iTunes storeとAmazonでダウンロードできる「応援するよ」というCDを出しています。神戸を元気にしようということでCDデビューしました。AMP48のチームAに所属しています。

share KARASUMAに来られたきっかけは?

事業を進める時に安く良い物件がないか周囲に聞いていたところ、滋賀県の支援事業をしている方から聞きました。また、Jelly!Kyotoにも参加していました。ロケーションの良さや、お客さんを呼んで打ち合わせができ、24時間365日使える環境と、価格の安さで決めました。