NEWS

2016.09.01

シンク・アンド・アクト株式会社 代表取締役 伊澤慎一さん

  • 社名 シンク・アンド・アクト株式会社/株式会社MBC
  • 名前 伊澤慎一
  • URL http://www.thinkandact.jp/
  • 事業内容 雇用支援、就職支援、企業向け人材開発研修など
  • 自分を表す 生

人が生まれつき持っている無限の可能性を引き出す

我々には”無限の可能性”がある。これがシンク・アンド・アクト株式会社のキャッチコピーである。自分の可能性は、自分で考え(=think)、自分で行動する(=act)することによって無限に広がる。この言葉を率先垂範する伊澤氏は、研修や就職支援を行うシンク・アンド・アクトを皮切りに、メーカー・MBCを立ち上げるなど八面六臂の活躍ぶりを見せている。

まずシンク・アンド・アクトの業務内容について教えてください。

主な業務内容は次の2点です。
立ち上げ当初は、新人向けスタートアップ研修を主に手がけていました。新人研修といえば、形式的なビジネスマナー講習などが多い中で、最初だからこそ自立マインドが大切だとアピールしました。ちょっと変わった切り口を、外資系企業の担当者が「おもしろい!」と受け入れてくれ、徐々に顧客が広がっていきました。その後、中堅向けのフォローアップ研修、マネジメント向けの研修などを加え、今では人事、研修、採用関連など人事分野全般で総合的に企業支援を行っています。

行政との連携事業も展開されていますね。

リーマン・ショックの後、派遣切りなどが横行し失業率の高まりが社会問題となっていました。我々と同じ問題意識を抱いていた京都府の依頼を受けて、失業者に再トレーニングを徹底し、地元企業に紹介する雇用対策事業に取り組みました。仕事を失い再就職も難しいとなると、気持ちが負の循環に陥りがちです。けれども、自分の未来は、自分の力で変えられるのです。このことをトレーニングを通じて理解してもらい、仕事を向き合うスタンスを変える。気持ちが前向きになれば、京都にはユニークな企業がたくさんあり受け入れ先には困りません。そんな企業と気持ちを切り替えた人たちをつなぐ事業に6年間取り組みました。

 

それが長期求職者を支援する「ゲンテン(GENTEN)」につながったのですか?

ひきこもりやうつ病などさまざまな理由で、長い間仕事を離れている人を放っておけないのです。働くことは、人が生きる目的の一つだと私は信じています。仕事を通じて、誰かに価値を提供することが、自分の生きがいになる。「自分も人の役に立つことが何かできるんだ」と自信を得る。その先には”無限の可能性”が広がっています。一人でも多くの人が自らの可能性に気づき、一歩先へと踏み出すお手伝いをしたい。「ゲンテン(GENTEN)」は、そんな思いで立ち上げました。

大手銀行を退職してまで、あえて起業した理由は何でしょう。

金融機関で働いていたとき、まわりにいる優秀な人が、精神的に追い込まれていく姿を目の当たりにしました。その理由を考えていて思い当たったのが、幼いころの教育です。元々、教育に関心があったこともあり、NPO法人を立ち上げて幼稚園を運営しようと考えました。お勉強ではなく、生きることは何か、本物とは何か、お金とは何かなど人生の本質的なテーマと向き合えるプロブラムを用意していました。ところが、募集をかけてもまったく相手にされなかったのです。幼児と関わったこともない若造に、大切な子どもを預ける親なんていないことは、自分が親になった今ならよくわかります。そこで思いきって方向転換しました。

モノづくりのベンチャーも起こされていますね。

「ゲンテン(GENTEN)」で関わった人たちの自立をバックアップするために2つの業務を展開しています。一つが名刺作成です。支援対象者にパソコンの技術を習得してもらい、名刺をデザインして印刷納品します。もう一つは着火剤「hacca」の製造販売です。京都・北山ひのきのオガ粉、ろうそく、生活廃油だけで作った天然成分100%の着火剤を開発し、販売しています。これとは別に、株式会社MBCでは、オリジナル開発した自転車の製造販売も行っています。モノづくりは雇用を産みますから、メーカービジネスは自分にとって重要なミッションだと心得ています。

ラグビー選手に絞り込んだ就職支援事業もあると伺いました。

大学時代にラガーだった者が立ち上げたのがラガキャリ事業です。ラガーは「One for All, All for One」の精神を叩きこまれています。ゲーム中はお互いに死力を発揮して闘いながら、ゲームが終わった瞬間に「No side」、敵味方なく同じ時間と場所を共有した仲間として、互いを讃え合う。普通の学生スポーツでは養えない精神力を持つ人材を求める企業から、多数の引き合いが寄せられています。

事業のすべてが、人の可能性を引き出すことに関わりますね。

良い大学に入って、良い会社に進むのが、何となく幸せだと思っていました。ところが、実際に良い会社に入ってみたものの、心底仕事を楽しんでいる人が、まわりにあまりいなかったのです。働くことは、自分の中に秘められた可能性と正面から向き合うことではないでしょうか。そんな思いを伝えたくて、今の仕事にたどり着いたのだと思います。

share KARASUMAを選んだ理由をお聞かせください。

ベンチャーにとっての大敵は、固定費です。その意味では、シェアオフィスは極めて合理的だと思います。中でもshareKARASUMAは立地の良さが抜群です。株式会社長谷本社の長谷拓治郎さんと知り合いだったご縁があり、知人、友人含めて京都にはさまざまなネットワークがあることも、この地で起業した理由です。

最後に、ご自分を漢字一文字で表すと何になるでしょうか。

生命の「生」だと思います。「生」は「生きる」ことに通じます。自分の無限の可能性を信じて、今を精一杯生きる。そんな「生き方」を貫きたいと思います。