NEWS

2016.01.13

特定社会保険労務士たかはし事務所 髙橋朱美さん

  • 社名 特定社会保険労務士 たかはし事務所
  • 名前 髙橋 朱美
  • URL   http://www.office-takahashi-sr.com/
  • 事業内容 社会保険労務士、特定社会保険労務士
  • 自分を表す 継

企業を助け、人を助ける。

社会保険労務士、特定社会保険労務士、産業カウンセラー、ファイナンシャルプランナー。4つ

の資格を持つ高橋氏は、企業の人事・総務部門で社会保険労務士として10数年勤務した後に独立

。豊富な実務経験を活かして経営視点からの企業労務問題のサポート行う一方で、行政からの委

託を受けて弱者救済業務にも取り組んでいる。

どんなお仕事をされているのですか?

特定社会保険労務士、社会保険労務士として顧問先企業の人事労務管理に関す

るコンサルティング業務や労働社会保険手続きの代行などを手がけています。また、2年ほど前

から京都市からの受託業務として、障害年金受給資格を持つ人を対象とした年金申請業務も行う

ようになりました。

企業のサポートについて少し具体的に教えてください。

労務管理については、就業規則の作成・変更、メンタルヘルスやハラスメント予防対策などを含

む安全衛生管理、個別労働紛争の未然防止と解決などがあります。保険手続きについては、労働

保険の年度更新、社会保険の算定基礎届に加えて、事業主のために雇用関係の助成金申請から給

与計算の代行などにも携わっています。

産業カウンセラーやファイナンシャルプランナーの資格もお持ち

ですね。

産業カウンセラーの業務は、心理学的手法を用いて、働く人が抱える問題を自ら解決できるよう

援助することです。近年、メンタルヘルス不調を訴える労働者が増えているため、企業としても

適切な対応が求められています。こうした問題解決をサポートするために資格を取りました。フ

ァイナンシャルプランナーの資格は、給与計算を行う際に税金に関するきめ細かな知識が必要と

なるために取得しています。

開業される前は企業に勤務する社会保険労務士だったと伺いまし

た。

大学卒業後に入社した企業で店長に抜擢された後、本社の人事・総務部門に異動となりました。

これを契機として3年後の平成15年に社会保険労務士の資格を取りました。その後、人事部で課

長に昇格し退社前は人事部長を務めています。東日本大震災の時には、東北地方にあった店舗が

倒壊したため、従業員の安否確認から、その後の対応などに駆けずり回りました。

社会保険労務士は簡単に取れる資格ではありませんね?

中小企業診断士などと同じで、資格取得までの勉強時間は1,000時間ぐらいといわれています。

また、今年の合格率は2.6%だったと聞きました。本社のある京都に来た当初は、比較的仕事に

余裕があったので、定時に帰宅して夜9時ぐらいまでは勉強する時間を確保できました。加えて

土日には専門学校にも通って3年かかったので、勉強はそれなりにがんばったと思います。特定

社会保険労務士は、平成18年度から導入された制度で、社会保険労務士登録を受けた後に司法研

修を修了し、試験に合格して資格取得しました。

特定社会保険労務士は、どのような業務をされるのでしょうか。

労使間における労働関係の紛争において、裁判外紛争解決手続制度(ADR)に則った代理業務を

行います。わかりやすくいえば、労使間の揉めごとを訴訟沙汰にせずに、交渉を重ねる中で双方

の合意による解決をめざすのです。

ところで、いつも、忙しそうにされています。

平成25年に、下京区社労士会の理事を拝命しました。当会に所属されている方は勤務社会保険労

務士が多いために、比較的時間に自由の効く私が世話役を務めさせていただいています。特に障

害年金の案件が多いのは、福祉事務所の案件についてです。社労士会にくる行政からの委託業務

内容は様々です。週に2日、福祉事務所に朝から夕方まで詰めて、来所者の年金相談などの対応

業務を行っています。ほかには介護労働安定センターのアドバイザーを務めていて、事業所から

の相談に対応しています。仕事柄、何か手続き業務がある場合には、職業安定所や労働基準監督

署に出向く必要があるため、日中は事務処理をする時間がなかなか取れません。そうした仕事を

こなすのが、どうしても夜や土日にずれ込んでしまうのです。

セミナーも開講されていますね。

介護労働安定センターで介護事業所の労務管理に関するテーマや、ファイナンシャルプランナー

協会から年金をテーマとしたセミナーを行っています。最近ではマイナンバーの仕組みや手続き

を解説するセミナーや、ストレスチェックのポイントを説明するセミナーの依頼が増えています

。セミナーを開催するとなると、レジメをていねいに作ろうとするので、どうしても時間を取ら

れます。

ハードな仕事を続けてこられた原動力は何でしょうか。

一番には、仕事が楽しいからでしょう。事業主や経営者は、さまざまな問題や悩みを抱えていま

す。その中でも、大きいのが人に関するものです。そこで相談に乗り、自分が持っている知識や

ノウハウを活用して問題解決の力になることは、仕事に対する大きなやりがいとなります。年金

申請に関しても、一般の方では知識不足のために申請しても受理されなかったものが、代理申請

することで認定されると人助けになります。自分が人の役に立っていることには、生きがいを感

じます。

shareKARASUMAに入会された理由を教えてください。

以前勤めていた会社が京都にあり、その顧問を引き続き務めることになったので京都で開業しま

した。所属社労士会が下京区だから、区内で便利なところを探していて見つけたのです。交通の

便の良さは、あちこち出かけることが多いために、とても助かっています。いつか3階のSOHOオ

フィスに移るのが夢ですね。

ご自分を漢字一文字で表すと何でしょう?

「継」です。志を抱いたら、それを全うすること。継続を自分のモットーとし

ています。これまでも、最初に入った会社でずっと務め上げてきて、社会保険労務士の資格を取

ると決めて3年間勉強を続けました。これからは、企業経営の支援を続ける一方で、年金申請な

どのサポートを続けていきたいと思います。